HOME  / お知らせ

本郷中央教会の外観写真

お知らせ

お知らせ
2020年5月2日    5月3日教会学校礼拝

《教会学校生徒のご家庭の皆様へ》

 教会は活動を自粛中ですが、牧師が祭司の務めとして、休むことなく礼拝堂で礼拝を捧げ続けます。教会学校は毎週土曜日に翌日の礼拝のご案内をいたします。

                ✾ ✾ ✾

 創世記1章1節~5節【天地創造/1日目】

『1.初めに、神は天地を創造された。2.地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。3.神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。4.神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、5.光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。』

                ✾ ✾ ✾

【お家で礼拝をしてみましょう♪】

●しゅのいのりをする♪

 長いお祈りですが見ないでお祈りできるでしょうか。

 励まし、褒めてあげてください。

●せいしょをよむ♪

  5月 3日 創世記1章3節

 創世記には天地やあらゆる生き物、そして人間が神さまのことばによって作られたことが記されています。…ヘブライ語の「ことば(ダーバール)」は「出来事」とも訳せます。このことは、神さまが言われたことは、必ず現実の出来事として起こるというダイナミックさを表しています。…分厚い聖書の中で、神さまがことばによって最初に創ったものが「光」でした。それは暗闇を打ち消してしまうほどの大きな輝きで、いのちの元になるものです。…光があるからこそ、私たちは生きることができますし、「生きていこうね」という神さまからの温かいメッセージを受け取ることもできます。…あえて、ことばを使って創造したのは、そのことばを受け取る誰かがいるということです。…神さまのことばは聖書を通して常に私たちに投げかけられています。聖書を通じて、私たちは神さまと語り合い、触れ合うことができるのです。

『「光あれ」。神さまは、真っ暗だった世界に光を与えてくれました。みんなは光にどんなイメージを持っているかな?…もしこの世が真っ暗だったら、お友達の顔も、大切な人の顔も見ることができません。みんな寂しく暗い気持ちになるかもしれませんね。…神さまは光を送ってくれました。…光からは温かさや、優しさが届くような気がします。そんな神さまの光に包まれて、わたしたちは今日も生きているのです。』

(抜粋引用元:『季刊 教師の友 2020年4,5,6月』日本キリスト教団出版局)

●さんびかをうたう♪

  こどもさんびかを持っていたら好きなものを歌いましょう。

  YouTubeでも見つかります。

●おいのりをする

 自由なお祈りに加え、悪い病気が早くなくなるために、悲しみのある所に慰めがある様に、等のお祈りできると良いですね。お祈りは『このお祈りをイエス様の御名を通してお捧げ致します。アーメン』で終わります。

                ✾ ✾ ✾

【季刊誌「教師の友」の子供のページに応募しましょう♪】

  サイズはA4くらいまで。いくつでもどうぞ。

  教会に来るときにお持ちください。取り纏めて応募します。

   A 聖書の中のお話しの絵を描く。夏号以降なので聖書箇所は上記に限らず。

   B 好きな聖書の言葉を書いて、まわりに自由に絵を描く。

   C 好きな聖書の言葉について作文(短くても良い)を書く。

   D お祈りの言葉を書いて、まわりに自由に絵を描く。

お知らせ一覧