HOME  / お知らせ

本郷中央教会の外観写真

お知らせ

お知らせ
2020年5月9日    5月10日教会学校礼拝

《教会学校生徒のご家庭の皆様へ》

 教会は活動を自粛中ですが、牧師が祭司の務めとして、休むことなく礼拝堂で礼拝を捧げ続けます。教会学校は毎週土曜日に翌日の礼拝のご案内をいたします。

                ✾ ✾ ✾

 ガリラヤ湖(別称:ゲネサレト湖、キネレト湖)は周囲53㎞の大きな湖です。この湖は海抜が世界一低く、周囲の高い山から冷たく強い風が吹き下ろすので嵐になりやすい湖です。地図を広げてみると大きさのイメージがわかるかもしれません。もし東京に重ねたらどのくらいの大きさでしょう。今日の聖書のお話しは紙芝居で覚えている生徒さんもいるかもしれません。

                ✾ ✾ ✾

【お家で礼拝をしてみましょう♪】

●しゅのいのりをする♪

 長いお祈りですが見ないでお祈りできるでしょうか。

 励まし、褒めてあげてください。

●せいしょをよむ♪

  5月 10日 ルカによる福音書8章22節~25節

 イエスさまは舟に乗ると眠ってしまいます。…イエスさまが安心して眠っていたのは、「神様を信じていれば何も怖いことはない」と知っていたからです。…イエスさまは風と波を沈めたあとに弟子たちに向かって、「あなたがたの信仰はどこにあるのか」(25節)と問います。このことばは、私たちに今もイエスさまから投げかけられています。…イエスさまは、私たちのどうにもできない出来事や気持ちに対して、必ず答えてくれます。そこに必要なのはただ、「助けてほしい」という叫びです。…神さまは、人間の苦しみを見捨てません。そしていちばん苦しいときにこそ、神さまのことばが響き、神さまと出会うことができるのです。

『ある日の出来事です。イエスさまはお弟子さんと一緒に湖の上を舟で渡っていました。すると突然強い風が吹いてきて…お弟子さんたちはこわくなってイエスさまに…「…助けてください!おぼれてしまいそうです」  イエスさまは…言いました。「しずまりなさい」と。…風がやみ、波が穏やかになって舟の揺れもおさまりました。みんなはホッと安心しました。…不安な気持ちをしずめて、お天気も穏やかにしてくださるイエスさまをお弟子さんたちは、すごい人だな~と思いました。』

(抜粋引用元:『季刊 教師の友 2020年4,5,6月』日本キリスト教団出版局)

●さんびかをうたう♪

  こどもさんびかを持っていたら好きなものを歌いましょう。

  YouTubeでも見つかります。

●おいのりをする

 今日はこんなお祈りを…『神さま、私たちが辛いとき、苦しいときにも、イエスさまが一緒にいて助けてくださいます。ありがとうございます。このことをもっとつよく信じることができますように。このお祈りをイエスさまのみ名を通しておささげいたします。アーメン

悪い病気が早くなくなるように、私がきょうだいとケンカしないように、など、自分のことばでもお祈りしてみましょう。

                ✾ ✾ ✾

【季刊誌「教師の友」の子供のページに応募しましょう♪】

  サイズはA4くらいまで。いくつでもどうぞ。

  教会に来るときにお持ちください。取り纏めて応募します。

   A 聖書の中のお話しの絵を描く。夏号以降なので聖書箇所は上記に限らず。

   B 好きな聖書の言葉を書いて、まわりに自由に絵を描く。

   C 好きな聖書の言葉について作文(短くても良い)を書く。

お知らせ一覧