HOME  / お知らせ

本郷中央教会の外観写真

お知らせ

お知らせ
2020年5月16日    5月17日教会学校礼拝

《教会学校生徒のご家庭の皆様へ》

 現在、感染症の新規罹患者の増加は緩慢になっているようですが、終息するまでにはかなりの期間が必要なようです。17日以降も教会学校は引き続きお休みいたします。再開までの間は毎週土曜日に翌日の礼拝のご案内をいたします。

                ✾ ✾ ✾

 『あなたの仰せを味わえば わたしの口に蜜よりも甘いことでしょう。』詩編119編103編

旧約聖書の「詩編」は全部で150の詩から成ります。その内容は神様を賛美するものや、個人や民族の苦しみや感謝の気持ちを記したものなどさまざまです。そのすべてに神様への祈りが込められています。10時半の朝礼拝では、冒頭で招きの言葉として詩編が朗読されます。

                ✾ ✾ ✾

【お家で礼拝をしてみましょう♪】

●しゅのいのりをする♪

 長いお祈りですが見ないでお祈りできるでしょうか。

 励まし、褒めてあげてください。

●せいしょをよむ♪

  5月 17日 詩編119編103節

 詩編119編は詩編の中でいちばん長く、全部で176節あります。この詩編のテーマは「神さまのことば」…私たちにとって怖いのもではなく、優しく包み込んでくれる温かさを持っています。…お祈りは私たちが辛いとき、苦しいとき、嬉しいとき、どんなときにもいつも神様とお話しすることです。…確かなことは、私たちが神さまにお話ししたことを、必ず神さまは聞かれて、いちばん良いものを与えて下さるということです。そのいちばん良いものを「恵み」といいます。

『みんなが好きなおやつは何ですか。…大昔の人たちにとって、甘いものが口にできるって、とっても幸せなことだったのです。…蜜よりも甘い、おやつよりもうれしいもの…それはいったいどんなことでしょうか。それはね、神さまがくれる言葉です。…みんなは、「ありがとう」「だいすきだよ」って言われたらどんな気持ちになりますか。神さまはいつもわたしたちにそう言っています。…神さまがわたしたちに言ってくれることをわたしたちもお友達に言えば、たくさんの人と仲良くなれます。それは、甘いおやつをたべるよりももっと幸せになることです。』

(抜粋引用元:『季刊 教師の友 2020年4,5,6月』日本キリスト教団出版局)

●さんびかをうたう♪

  こどもさんびかを持っていたら好きなものを歌いましょう。

  YouTubeでも見つかります。

●おいのりをする

 今日はこんなお祈りを…『神さま、私たちが辛いとき、苦しいときにも、イエスさまが一緒にいて助けてくださいます。ありがとうございます。このことをもっとつよく信じることができますように。このお祈りをイエスさまのみ名を通しておささげいたします。アーメン』

悪い病気が早くなくなり、教会や学校に行けるように、きょうだいとケンカしないように、など、自分のことばでもお祈りしてみましょう。

                ✾ ✾ ✾

【季刊誌「教師の友」の子供のページに応募しましょう♪】

  サイズはA4くらいまで。いくつでもどうぞ。

  教会に来るときにお持ちください。取り纏めて応募します。

   A 聖書の中のお話しの絵を描く。夏号以降なので聖書箇所は上記に限らず。

   B 好きな聖書の言葉を書いて、まわりに自由に絵を描く。

   C 好きな聖書の言葉について作文(短くても良い)を書く。

お知らせ一覧